abril 12, 2006

春の鹿島鉄道

20060309_85

仕事が多忙です。
現実逃避を兼ねて茨城の鹿島鉄道に行ってきました。

20060309_76

20060309_65_1

20060309_52

先日、廃止届が提出され、このまま推移すると来年3月一杯で廃止されてしまいます。
微力ながら仕事の合間に存続を目指し活動中であります。

#久々の投稿ですが、ここまで使いにくくなっているとは...。

投稿:by nicenature 2006 04 12 12:10 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

marzo 17, 2006

湘南を去る列車

SANY0083
113系近郊型電車。

SANY0191
寝台特急「出雲」

SANY0029
小田急9000系電車

投稿:by nicenature 2006 03 17 06:55 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

marzo 11, 2006

箱根登山鉄道 三線軌条区間

odawara_tozan01
小田原駅で並ぶ両者。
これも今度のダイヤ改正で見られなくなる風景の1つ。

箱根登山鉄道 風祭駅 (zipファイル 8MB)
再生にはQuickTimeかiTunesが必要。

2006.03.12 追記:
上記の動画のVGAサイズを置きました。(5.6MB)
MPEG4再生できる環境でどうぞ。

投稿:by nicenature 2006 03 11 12:33 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

marzo 10, 2006

湘南電車型Kiosk

藤沢駅に湘南電車型Kioskが誕生。
80系電車(・∀・)イイ!
SANY0612

神奈川新聞一面に登場。
SANY0610

この日限りの組み合わせ。
SANY0616

投稿:by nicenature 2006 03 10 11:49 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

marzo 06, 2006

惜別 湘南電車

113

既にマスコミでも沢山報道されていますが、3月17日限りで、東海道線東京口から113系電車が引退します。
間違いなく、今まで一番乗ってきた電車であります。

幼い頃に見た、クモユニ74を先頭にして西下して行く姿。
小学校のグラウンドから毎日見ていた行き交う姿。
高校に入ってからは通学でほぼ毎日これに乗りました。
社会に出て、今の会社に入ってからは、都心までこれで通勤していました。

重厚なモーター音を響かせて、15両の超大編成で東海道を走る姿も、もうすぐ見納めです。

写真は3月5日に馬入川橋梁で撮影。

家の近所で撮影した動画も置いておきます。

投稿:by nicenature 2006 03 06 01:23 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

febrero 18, 2006

鹿島鉄道 廃線の意向

茨城新聞2006年2月17日の記事

このblogで運転体験の様子等伝えてきましたが、親会社の関東鉄道が支援打ち切りを表明する模様です。
このまま認められますと来年3月で廃線となります。

投稿:by nicenature 2006 02 18 03:27 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

febrero 12, 2006

輝く鉄路

SANY0441

江ノ電 片瀬江ノ島〜腰越 間

投稿:by nicenature 2006 02 12 09:59 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

enero 29, 2006

東京駅 赤煉瓦駅舎

SANY0325

東京駅の赤レンガの駅舎。
春から建て直しが開始されます。
これによって、戦災で焼ける前の姿に戻ります。
駅舎内に設けられている東京ステーションホテルも春で一旦休業します。

リニューアルオープンは5年後の2011年です。

先日の雪の日に撮影した写真を数点公開します。

SANY0317


SANY0368


SANY0311


SANY0350


SANY0363


SANY0399


SANY0394


投稿:by nicenature 2006 01 29 10:05 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

enero 24, 2006

鹿島鉄道 石岡機関区

2006年1月21日 鹿島鉄道 石岡機関区

SANY0236


SANY0246


SANY0266


SANY0267


SANY0269


SANY0268


SANY0271


SANY0274


SANY0294


SANY0288


SANY0289


SANY0290

投稿:by nicenature 2006 01 24 12:30 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

enero 23, 2006

DD902 運転

SANY0231

というわけで、土曜日は茨城県の鹿島鉄道にお邪魔して、機関車を運転してきました。

ディーゼルカーは何回か運転しましたけど、機関車は初めて。

運転してわかったこと。

「惰行が出来ない」

2ノッチまで入れて加速しますが、すぐに勝手に速度が落ちます。
これは機関車の自重が50トンあるのが原因と思われます。
指導の方に伺ったところ、そうとのこと。

ということは、貨物列車牽引時は、後ろの貨物の惰性で押されて走っていることに。

あともうひとつ、

「単弁の操作が難しい」

キハの自動ブレーキに比べて「込め」と「重なり」の間隔が狭いです。
これで問題ないんだろうけど、慣れない最初のブレーキ操作で300kpaまで針を上げてしまいました orz

来月の体験運転はKR型。
いわゆる軽快気動車って奴ですね。

2005年12月にキハ714を運転した時の動画を公開します。
ダウンロード(7.6MB)
構内線200m往復の往路です。

興味を持たれた方は是非一度参加してみてください。

鹿島鉄道
http://katetsu.co.jp/
運転体験
http://katetsu.co.jp/back/2003/taiken/taiken.html

投稿:by nicenature 2006 01 23 02:15 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

diciembre 25, 2005

海軍遺産を訪ねる(12月23日)

ということで広島県に行ってきました。

22日深夜発の「ムーンライトながら91号」で出発。
この日は愛知や岐阜で豪雪がありまして。
名古屋の手前、笠寺で目が覚めた時はご覧の有様。

SANY0017

熱田駅で大阪行寝台急行が足止めされているのを見て、大垣からの関ヶ原越えを断念。(関ヶ原を超えられるのであれば大阪行の寝台が名古屋手前で足止めされるはずがない。本来であればその時刻では滋賀県内を走っているハズの列車だし)
5時45分くらいに名古屋へ到着。
6時発の近鉄特急に乗り換え。

SANY0021
SANY0020

これでとりあえず大阪を目指します。

SANY0028
SANY0030
SANY0040
SANY0042

寝ぼけたアタマで「難波に出ちゃイカン」と考えて鶴橋で下車。
環状線で大阪へ。8時半到着。
そこから新快速で西へ向かう。
やってきた新快速は15分遅れ。(2ちゃんの交通情報板によれば、大垣では接続列車なしだった模様)

車内で寝ているうちに姫路に到着。
ホームで朝食。

SANY0045

姫路駅名物の「えきそば」。和風出汁に中華麺ぽい黄色いそば。
姫路からは接続の関係で新幹線を使用。
改札着いたのが9時55分で今度の新幹線は10時01分。
出札窓口は長蛇の列。
女性駅員に10時01分の新幹線に乗りたい旨を話して「無札証明」の発行をお願い。
無事受領してホームに駆け上がる。
これが無札証明。

SANY0049

「切符買わないでこの駅から乗りました」という証明書。
運賃等を後払いにするための国鉄時代からある制度です。
今回のような時の為に覚えておくと便利ですw

姫路から乗った新幹線は団子鼻の新幹線。

SANY0053

1時間弱で岡山に到着。
ここからはまた普通電車の旅。

SANY0056
SANY0062

お昼頃に最初の目的地である尾道に到着。
商店街散策して昼食にします。

SANY0064
SANY0070
SANY0069
SANY0068
SANY0073
SANY0074
SANY0075
SANY0084
SANY0085
SANY0090

で、昼食ですが、尾道といえば尾道ラーメン。
市が発行するグルメマップから「みやち」を選択。

SANY0077
SANY0079

本来なら名物の「天ぷら中華」を頼むべきなんでしょうが、誘惑に負けて「中華うどん」を注文。
普通においしかったです。
昼食を取ったあとは、尾道訪問の目的である「戦艦大和ロケセット」を訪問。
駅で割引券を買って船で移動。

SANY0096
SANY0095
SANY0097
SANY0100
SANY0103
SANY0104
SANY0105
SANY0106
SANY0109
SANY0114
SANY0117
SANY0130
SANY0129
SANY0132

ロケセットは造船工場跡地に設置。
門からセットまではバスで移動です。
2時間ほどで見学終了。
尾道駅前に引き返します。

小腹が空いたのでおやつがわりにラーメンを食べる事にします。
こんどは「いのうえ」でラーメン。

SANY0138

これで450円だったかな。
普通においしかったです。

尾道から移動開始。
山陽本線を西へ。
三原駅から呉線に乗り換え。
「瀬戸内マリンビュー」という観光列車で三原を出発。

SANY0154

18時前に呉に到着。
ホテルにチェックイン後、晩飯を取りに街へ。
「いせ屋」でカツ丼。

SANY0185
SANY0203
SANY0197

牛カツにデミグラスソース。
大正時代から続いているメニューとのこと。
店内の雰囲気もあっておいしく頂きました。

雨が降ってきましたが、くじけず屋台街へ出撃。
燻製を売りにしている屋台に飛び込んで軽く一杯。

SANY0204

燻製卵の天ぷらを頼んだのでしたがコレはおいしい(・∀・)
他のメニューも頼んで楽しみたかったのですが、飲み過ぎると翌朝が大変なので撤収。

SANY0206
SANY0183

人も機械も充電して明日に備えます。
おやすみなさい。
(つづく)

投稿:by nicenature 2005 12 25 11:59 PM [旅行・地域, 趣味, 鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

noviembre 21, 2005

気動車を運転してみる

土曜日は久々に鹿島鉄道にでかけて気動車運転してきました。
P1000008

腕の骨折の都合で春から行けませんでしたが、リハビリも終わりましたので鹿島鉄道詣を再開です。
今月は上の写真のキハ600を運転。
3回目のディーゼルカー運転でしたので慣れますし余裕も生まれます。
復路の制動操作に関しては(中略)でしたし。
前回できた一発制動は今回は失敗w
低速時の制動に課題が残りましたので、次回までイメージトレーニングに励みます。

今年1月の運転体験
今年2月の運転体験

指導役の和田さんの運転
P1000007

本日の弁当
P1000009

来月は機関車を運転ですよ。
P1000003

毎度の事ながら職員の皆様に感謝です。

投稿:by nicenature 2005 11 21 01:15 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

julio 25, 2005

日高紀行(7月14日その3)

列車は様似を出発し、苫小牧へと折り返します。

車内の様子はこんな感じ。
syanai

自転車は車両後部のココに置いておきます。
syuunow

大分日が傾いてきました。
yuuyake

16時15分に新冠駅に到着。
自転車を組み立てて、本日の宿である新冠ユースホステルへと向かいます。
ユースへ向かう途中、サラブレット銀座入口の駐車場で記念撮影。
kinen

しばらく風景を楽しみます。
ここの駐車場は見晴らしが良いので結構気に入っています。
niikappu-hakkei

駐車場からすぐのところにユースホステルはあります。
niikappuYH

ユースホステルとは
http://www.geocities.jp/yh_faq/faq_1.htm
ファン.ホース新冠ユースホステル
http://www9.ocn.ne.jp/~f-horse/

ここに泊まるのは3回目か4回目です。
安いし食事がおいしいし談話室には競馬関係の書籍が大量にあるので夜でも飽きないし言うことなしです。
できれば冬季も営業して欲しいですがw

ユースを知らない人のために簡単に説明しますとセルフサービス・相部屋方式の宿です。
通常、ペアレントという運営されているご夫婦がいて他にヘルパーさんがいたりします。

指示された部屋に入ります。
先客なし。
服を着替えて外に出てタバコ吸ったり散歩したり。
霧が出てきてちょっと寒い。
部屋に戻ってうたた寝。
夕べほとんど寝ていなかったしねw

ヘルパーさんが夕飯が出来ましたと呼びに来たので食堂へ。
今晩の夕飯はこんな感じ。
14dinner

食卓には4人が集まった。
どうやら宿泊客が少ないのでそれぞれ個室になっている様子。
大阪の男性、京都の男性、川崎の女性、私 で4人。
食べながらお互いの旅行のこととか話したりする。
男性二人は馬にはあまり興味が無い様子。
食べ終わってゆっくりしていたところにお父さん(ペアレントの方をこう呼ぶのです)から呼び出しがくる。
お願いしていた町営温泉の送迎の車が来たとのことなので、部屋に風呂道具を取りに行く。
送迎のワンボックス車で町営温泉へ。

新冠温泉 レ・コードの湯
http://www.hotelhills.jp/

露天風呂から眺める夕日が素晴らしいのですよココは。
ホテルも併設されていまして、ユースが閉鎖される冬季はここに宿泊することが多いです。
1時間ほど、ゆっくりと湯に入ります。
風呂上りにロビーでホロシリ牛乳を飲んで、送迎車でユースに戻ります。
ユース備え付けの割引券で入浴料500円が400円になります。

再び送迎車に乗ってユースに帰る。
部屋に荷物を置いてロビーで新聞読んでいるとお父さんからコーヒーを入れたのでどうぞと声をかけて頂く。
ありがたく頂戴する。
最近のユースの様子とか馬の話とかしてしまう。
話をしだすと館内の暇をもてあましている他の人がやってくる。

道内を旅する人は最近減ってしまっているらしい。
自転車で廻る人なんか殆どいないそうだ。
バイクも減ったらしい。
若い人が携帯電話に金を使うからかな、という話になる。
月2万円として1年で24万円。
私なら2回分の北海道旅行代になりますよ?w
たしかに今回の旅行でチャリダーは1回も見なかった。
ライダーは見たけど道内のナンバーばかりだった。

馬の話は近所の牧場の話とか馬産地の景気の話とか。
相次ぐ地方競馬の閉鎖で未来は明るくなさそう...。

話し込んでいるうちに12時近くなる。
お父さんにコーヒーのお礼を言って就寝。

本日の走行距離:5km

投稿:by nicenature 2005 07 25 12:39 PM [旅行・地域, 自転車, 鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

julio 21, 2005

日高紀行(7月14日その2)

10時29分。
列車は苫小牧を後にします。

苫東を通過し大きな製紙工場を見ながら南東方面へ。
製紙工場が無くなると民家も途絶えがち。
苫小牧を出てから30分ほどで鵡川駅に到着。
苫小牧行の列車とすれ違います。
rigou

鵡川をでてしばらく走ると日高門別に到着。
門別から先、浦河までは日本最大の馬産地となっています。
競走馬のほとんどがこの地方の出身。
北海道の他の馬産地としては九州、千葉、青森が生産地。
社台ファームもシンボリ牧場も元々は千葉の生産者です。

苫小牧で調達したビールと駅弁で乾杯w
cla_and_sahmon

海と放牧地の間を縫って列車は走っていきます。
umi
uma

日高門別を出て50分で静内に到着。
日高の馬産の中心地。JRAの場外馬券売り場もあります。
ここで10分停車。
ちょうどお昼時なので駅舎内の立ち食いそばで補給。
ごぼう天そば400円。
gobotensoba

そばを食べ、列車に再び乗車。
山よりを走ったり海よりを走ったりして小一時間で浦河に到着。
urakawa

日高地方の名産としては昆布が有名ですが、7月中旬から昆布漁が開始されます。
取ってきた昆布は海岸の干し場で干すのですが、浦河の少し先から列車は干し場の中を進んでいきます。
konbu1
konbu2

列車の風圧で昆布が飛ばされますw
konbu3

カタンコトンと列車は走り、13時39分に終点の様似駅に到着。
samani0
samani

折り返しの時間まで一時間弱あったのでBD-1を広げて2キロほど走ったところにある様似漁港を見に行く。
samani1

駅に戻って切符を購入。
ticket

手書きの切符でしたよ。
14時34分発の列車で日高線を折り返して今日の宿泊地である新冠を目指します。

(つづく)

投稿:by nicenature 2005 07 21 11:19 AM [旅行・地域, 自転車, 鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

julio 20, 2005

日高紀行(7月14日その1)

タイトルは14日ですが話は13日の晩から始まりますw

すこーし残業して21時頃帰宅。
ツール・ド・フランスをTV観戦しながら荷造り。
現地最高気温が17度とかいう予報が出ているので衣服に迷う。
荷造りをしていくうちにミレーのザックに長袖を入れる余裕は無くなったので、半袖を重ね着することで対処することにする。

荷造りを終え、写真を撮ったところで仮眠をとることにする。

午前4時起床。
NASAのwebで野口さんのミッションをチェック。
延期してしまったようなので市役所行きを諦める。
blogを更新してから出発。

茅ヶ崎から始発電車の先頭車両で横浜へ。
横浜からは京急へ乗り換え。羽田空港行電車で空港へ。
6時前に空港に無事到着。
チェックインして自転車と工具を預ける。
PC取り出してメールと2ちゃんとmixiのチェックとチャットw
腹が減ったので食堂を探す。
どこも高いので諦める(^^;
結局セキュリティゲートの中で万世のハンバーグサンドを(σ・∀・)σゲッツ!!
搭乗口へ向かう。

toujouguchi

現地の気温14℃ orz
気になる機材は

kizai

新機材 _| ̄|...○

定刻0730に離陸。
右側窓側席。
機内ではハンバーグサンドとスカイタイムで過ごす。
クラスJ初体験だったわけだけど悪くないね。
+1000円で広めのシートと前側座席が確保されるんだからね。
サービスとしては上出来。
NHのスーパーシートとはTPOで使い分ける感じになると思う。
眼下に門別競馬場と沙流川を見て左旋回後アプローチ。
0900定刻に到着。

荷物引渡しで時計を気にしながら待つこと暫し。
お兄さんに抱えられながらBD-1が出てきたのでこれを受け取る。
早足でJR乗り場へ。

9時34分発の快速電車に間に合った。
これに乗れないと今日の計画が完遂できない(^^;
電車は定刻に出発。
一駅先の南千歳で乗り換え。
乗り換える電車は2分後。駅弁を確保しておく。
普通電車に乗り換えて苫小牧に到着。
BD-1を改札内の目立たないところに放置して置いて駅前のダイエーに食料と飲料を確保しに行く。

ダイエーで買い物後、駅に戻り自転車持ってホームに下りる。
しばらく待つと日高線の列車がやってくる。

kiha40-351

ワンマン列車です。もちろん一両。
これで日高線の終点である様似に向かいます。

投稿:by nicenature 2005 07 20 10:45 AM [旅行・地域, 自転車, 鉄道] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

julio 19, 2005

日高紀行(計画編)

この旅行を計画したのは忘れもしない。えーと、いつだったか。(忘れとるやないの!というツッコミはお約束なわけで)

6月の中旬にバースデー割の事を書いたのですが、そのことを覚えている人がどれくらいいるだろうw

3連休とバースデー割を使用した旅行を計画。
あの時の候補としてあがったのは、
1)沖縄
2)しまなみ街道
3)北海道
の3つでした。

で検討とか予約とか試みたわけですが、
1)沖縄
既に都合の良い時間帯の便は埋まってしまっており、仕方なく諦めた。
2)しまなみ街道
梅雨が明けているかどうか微妙な時期。折角行っても雨だとアレなので却下。
3)北海道
IN/OUTを新千歳に設定し、Webで赤系航空会社のサイトを確認。比較的希望の便が取りやすい状態。上記2箇所を検討し諦めた直後だったのでサクッと予約。

狙う便はB777使用でクラスJの旧シート機使用便。
なぜってコレに乗りたいからw
JASが好きだったんです。垢抜けないところとか特にw

7/14の羽田0730発JL1005のクラスJが空いていたのでこれを確保。
あとは帰りをいつにするか。
7/18はほぼ満席。7/17は残席がちらほらと見える。
TdF見たいし早く帰るほうがいいだろう、ということで新千歳1430発のJL1022のY席を確保。(クラスJの空きが無かった)
航空券が往復で26400円也。
渡道で往復飛行機だなんて初めてですよw

次にレンタカーの確保をする。
軽自動車を3日間借りて24000円。
高いなオイw

その次は宿の確保。
16日の晩は札幌泊にしたかったので検索して探してみる。
駅から近くてLANが使えるところが条件。
サンルート札幌が駅から徒歩3分だったのでそこに決める。
朝食付9600円。
ちょっと高いよw

次に道内のどこに行くか決めていなかったので行き先を決めるw
IN/OUTが千歳だし、久々の北海道(前回は2002年12月)。
大分年老いたあの人にも会いたいので、日高方面に決定。
日高方面で厳冬期以外の常宿にしている新冠ユースホステルに14日~16日の2泊で予約を入れる。2泊で朝夕4食つけて9000円。ちなみに厳冬期はユース閉鎖されてしまいます(^^;

ここまでで旅費がざっと計算して75000円ほどになっていることになる。
いくらハイシーズンの旅とは言えコレは高すぎ。
見直しをする。

目に付くのがレンタカー代の24000円。
安い会社を探してみるも一杯だったり希望車種が無かったりする。
日高方面へはJR線も一日数本だが走っている。
大きな移動はJRを使うことにしてレンタカーをバッサリ切り捨てることにする。

折角なのでJR日高線の走破を目論んでみる。
ということでJR代が以下の通り。
新千歳空港→様似 3710円
様似→札幌 4200円

レンタカーを切り捨てたので現地での足をなんとかしなくてはならない。
幸いなことに私にはBD-1という相棒がいるので彼を北海道に連れて行くことにして、現地で活躍してもらうことにする。
つか自転車があるからレンタカーをバッサリ切り捨てることも出来たわけです。

ということで出来たプランが以下の通り。

7月14日
茅ヶ崎0456→(JR)→0524横浜0532→(京急)→0552羽田空港0730→(JL1005)→0900新千歳空港0934→(JR)→0937南千歳0939→(JR)→0958苫小牧1029→(JR)→1339様似1434→(JR)→1615新冠

7月15日
新冠0900?→(自転車)→1400?絵笛1504→(JR)→1615新冠

7月16日
新冠0900?→(自転車)→1300?静内1343→(JR)→1521苫小牧1554→(JR)→1706札幌

7月17日
札幌1240→1316新千歳空港1430→(JL1022)→1600羽田空港→体力に合わせて帰宅

細かい部分は現地でオレの気分と相談ということにして出発前日を迎えたわけです。

(つづく)

#2005/7/14 追記
位置関係相関図
mfwmapserv

投稿:by nicenature 2005 07 19 12:00 PM [旅行・地域, 自転車, 鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

junio 30, 2005

Bトレインを始めてみる その2

車両を組み上げたのはいいけれども、先日の写真の状態で放置するのも気分が悪いので仕事帰りに横浜の鉄道模型店に寄った。

店で工具やらパーツやらを購入。全部で7000円程。

鉄道模型工作は何年ぶりになるのだろうw
薄刃ニッパーと棒ヤスリ、改造パーツを少々。セメント、塗料を購入。
家でTV見ながらプチプチと組み立てていきます。

「接着剤不要」がBトレインのウリの一つですが、強度を少し持たせたかったのでボディのスキマに裏側からセメントを少々流し込む。
ああ、シンナーのにほいが懐かしいw

そのまま組み立てると、鉄道模型の線路で走らせることはできないのでちょっと改造が必要。
鉄道模型用の車輪を装着すると、車輪と床がぶつかる部分があるので、床の一部を購入したニッパーで切断。

昨日組み立てたボディと床を組み合わせ、車輪を取り付けると、この写真になる。

2901

車両前面に飛び出たコの字型の部品は鉄道模型の連結器。
そのままでも差し支えないんだけど、そこをなんとかしたくなるのがアレですよ。

買って来た改造パーツをランナーから切り離し。
プチプチと組み立てて連結器を交換。
交換後が下の写真。

2902

ちょっと実物らしくなったっしょ?w

投稿:by nicenature 2005 06 30 02:29 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

junio 28, 2005

Bトレインを始めてみる

先日の日曜日は都内某所で、友人の手伝い。
鉄道模型のガレージキットセールで売り子さん。
05jnma

トイレに行ったついでに会場内を見て廻る。
Bトレインショーティーの江ノ電を発見したのでなんとなく買ってみる。

Bトレインショーティーとは:

【Bトレインショーティー】はリアルでかわいらしい電車のコレクショントイです。

箱の中には6cmの小さな車体が2つ入っている。
帰宅後、ツール・ド・スイスを見ながらプチプチとテキトーに組み立ててみる。

車体だけ組み上げた状態が下の写真。
eer500-050626
なんか部品精度が甘いようなんですがw
屋根と側板の間に微妙な隙間があるし(^^;
1000円の玩具プラモだからこんなモンなのかなあ。

(つづく)

投稿:by nicenature 2005 06 28 11:01 AM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

junio 24, 2005

世界最高速の次世代新幹線

世界最高速の次世代新幹線、試験車両がお目見え(yahoo)

JR東日本の秘密兵器がついに登場。
東北新幹線の青森開業。その先の北海道新幹線開業を見据えた新型車両です。
最高速度360km/hに目処がつけば、東京~函館を新幹線で3時間チョイで結ぶことになります。

投稿:by nicenature 2005 06 24 02:26 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

junio 22, 2005

あそBOY引退

JR九州で運行していた「あそBOY」が今夏限りで引退。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050622-00000024-nnp-kyu

去年の8月に熊本に行ったときに南熊本駅でボーッとしたアタマで通過を見送った記憶がある。
先週のクッキングパパも熊本が舞台だった。
あのときの事を思い出してプチ鬱状態orz

投稿:by nicenature 2005 06 22 03:59 PM [鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

febrero 21, 2005

運転!キハ714

20050219_P1000008

土曜日に、先月に続いて今月も鹿島鉄道にお邪魔して、運転体験してきました。

写真は、今回我々の遊び道具として酷使されてしまうキハ714。
1953(昭和26)年製造の古強者です。

先月と同じ雨模様の中、6時発の電車で出発。
石岡到着は9時5分。
駅ホームの事務所で受付を済ませる。
キャンセルもほぼ無く、先月より早い9時45分に開始。

運転体験自体の流れは先月とほぼ同じなので省略。
今月は21人参加。運転の順番は18番目。
QR文化放送とイカロス出版が取材に来ていました。

某mixiで知り合ったKさん等と談笑していたらKさんが文化放送の斉藤一美アナから取材受けていました。
今度の火曜日の夜7時15分から放送の模様。

お昼の弁当も食べ終え午後から各自運転。

初参加の方はやはり中間ノッチに入れてしまいエンジンを吹き上がらせてしまう人が多いです。
「ノッチ」は「刻む」ように操作しましょう。
複数回参加している方はうまい人多いです。
スムースな加速と減速ができています。
今回も先月と同じ雨(小雪交じり)の天気でしたので3ノッチ入れると空転が激しいです。

で、自分の運転ですが、復路で一回の制動操作で停止目標にスムースにピタリと停止させることができました。指導の方などから褒められたりしてちょっと嬉しかったですw

全員の運転が無事終了。
過走して((うまく停止できずに停止位置を通り過ぎてしまうこと)ATSを叩いてしまう人も出ませんでした。

今月も雨の中、数時間に渡り歩哨を務めてくださった保線区の方々始め、このような場を提供してくださる鹿島鉄道の皆様に感謝いたします。

3月の運転体験はDD902。
自重50tのディーゼル機関車です。

鉄道車両運転体験(鹿島鉄道)

投稿:by nicenature 2005 02 21 09:55 AM [旅行・地域, 鉄道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

enero 16, 2005

ディーゼルカーを運転する

20050115-P1000031

電車を見る事が出来る地域に住んでいる男の子なら誰しも一度は電車を運転したいと思うはず。

っつことで茨城県の鹿島鉄道さんで運転体験が出来るとの事で、茨城県は石岡まで逝って参りました。

朝、5時起床、5時半に家を出て茨城に向かいます。上野からは一番上の写真の特急で1時間弱です。

午前8時半。
無事、石岡に到着。残念ながら天気は雨。受付まで少し時間があるので、駅周辺を散策して時間をつぶします。

20050115-P1000032

機関区全景です。この構内200mを一往復します。
時間がきたので駅事務所に向かい受付を済ませます。
テキストを渡され、もう少し駅待合室で待つよう指示されストーブのある待合室で他の参加者を待ちます。

ほどなくして呼ばれ、講習室代わりの車両へ。

20050115-P1000035

普通の車両にテーブルを持ち込んで即席の講習室にしています。

20050115-P1000036

今回使うテキスト。カラー印刷5Pほど。
助役さんの説明でまず座学。
運転の際の注意点・禁止事項・操作方法を座学で勉強します。
時間にして30分弱。
座学終了後、今回の運転で使う車両へ移動します。

20050115-P1000037

歩いて車両へ向かう参加者。

20050115-P1000038

今回の使用車両のキハ601です。
昭和11年製造。鉄道省から国鉄、紆余曲折を経て、現在鹿島鉄道で現役で活躍中。
現在、営業運転しているディーゼルカーとしては最古の車両です。

20050115-P1000039

運転で使う装置。
左のレバーが車のアクセル。右のレバーがブレーキです。
安全装置の関係でそれ以外にも動かす装置があります。
その操作も覚えます。

20050115-P1000042

指導役である助役さんの見本運転で構内を数往復。
体験運転での最高速度は15km/h。
実際の操作を見ながら操作方法を覚えます。
とくにブレーキ操作は大事。

強くするのは幾らでもできます。が、ブレーキを弱くするのが出来ないのです。
3段階のブレーキと仮定すると、0→1→2→3と強くする事は可能。
3→2→1と段階的に弱くする事は出来ません。3→0と全解除するしか出来ない仕様です。
ですので、手前で止まりそうな時は、一度ブレーキを解放してから込め直すという方法をとります。

助役さんの運転で構内を3往復して昼食となります。

20050115-P1000043
20050115-P1000044

運転士の方が普段出前を頼んでいる食堂で作ったお弁当。
お茶とお味噌汁は機関区の方々の手作りです。
なかなかおいしかったです(^^

1時間の昼食休憩の後、いよいよ運転です。
参加者9人中8番目の運転。
前の参加者の運転を見ながら操作方法を復習。

いよいよ自分の運転の番です。
ブレーカースイッチを操作。
ATSが点灯したことを確認します。
「ATSよし」
デッドマン装置を足で踏み、逆転機を前位置へ。前位置にセットされた旨のランプが点灯します。
「前よし」
変速装置を中立から変速位置へ操作。
「変よし」
前方を確認します。
「前よし」
マスコンを1ノッチへ投入。
右足で汽笛を鳴らします。
「プワーン」
ブレーキを緩解し、2ノッチへ。
うなるエンジン。走り出すディーゼルカー。

キハ600乗ってる。先月免許取得して中古探しに行ったら見た瞬間に即決した。 カッコイイ、マジで。そして速い。マスコン廻すと走り出す、マジで。ちょっと感動。

そんなことを考えながら走り出したディーゼルカー。
構内の線路の為、油が多く、3ノッチまで入れると車輪が空転します。
2ノッチと3ノッチを交互に使いながら加速。
速度がのったところで加速をやめて惰行で進みます。
ブレーキ開始地点でブレーキ操作。
助役さんの指示通りブレーキをこめていきます。
目標位置-50cmくらいの位置で無事停車。
運転台を切り替える操作をして逆の運転台へ。

元の位置へ運転していきます。
ブレーキ開始地点でブレーキを開始。
ちょっと足りなかったようでオーバーランしそう(^^;
再度ブレーキをこめる。
こめすぎて今度は手前で止まりそう(TT
一度ブレーキを緩めて再度こめなおします。
今度はオーバーランの危機が(TT
強めにブレーキ掛けてカックンブレーキで目標位置に無事停車。
ブレーカースイッチ元に戻して助役さんに注意点を聞いて終了です。
やはり2回目のブレーキについて注意をうけましたw

全員の運転が無事終了。

20050115-kiha600

修了証を頂いて今回の運転体験は終了です。

鹿島鉄道さんでは毎月第3土曜日に体験運転会を開いています。
興味がある方は一度参加してみてはどうでしょう?

ちなみに来月は

20050115-P1000045

この714号を使用します。
今回、お弁当を食べたりしたのもこの車両。
2月19日の開催です。

たぶん来月も参加しますw

最後にイベントを主催されている鹿島鉄道様、参加者を支援してくださる職員の方々にお礼申し上げます。
特に職員の方々には雨の中、私たち参加者が怪我等しないように等、いろいろなところで支援してくださっていました。ありがとうございました。

投稿:by nicenature 2005 01 16 11:59 PM [旅行・地域, 鉄道] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック