« 帰ります | トップページ | 東京国際自転車展 »

noviembre 22, 2004

meg rock"プチ[家出]ツアー" in 心斎橋HMV

この週末のことはライブ>自転車展>日帰り関西 の順でUp予定。
まずはライブの事から。

P1000001.JPG当blogの一押しデュオであるメロキュア(公式サイト:http://columbia.jp/~melocure/)ですが、メロキュアのお一人である日向めぐみさんが9月にmeg rock名義でミニアルバム[ラブボ]をリリースされました。
アルバムの詳細は、 http://www.megrock.com/msa/ で確認できます(試聴可能。IE or Safari or NetScapeで開いてください)。

んでアルバムのリリースを記念いたしまして全国3箇所のHMVでインストアライブが企画されまして、ツアー最終日となる21日の心斎橋HMVに行ってきました。

14時に心斎橋HMVに到着。ラブボを購入し、整理券を入手。24番。
整理券番号順に案内され、ステージ前2列目に並ぶ。
15時にライブ開始。
横浜ビブレでのライブ以来の生meg rockです。
自らHMVと交渉して許可を得たHMVポロシャツ制服&青と紺のミニスカを着ての登場。
HMVから頂いたタオルも自慢見せてくれました。

歌ってくれた曲順
1.ラブボ
2.家出
3.頭痛が痛い
4.今日のあたし
5.4ever

ライブ会場は地下1階だったのですが、1曲終わるごとに、HMVタオルで汗を拭いて「暑い」と言っていました。
アルバムジャケットやwebで見る彼女の写真は相当に写真写りが悪いです。まあ、本人が「特技」にしているぐらいですからねw

「増量キャンペーンw」ということで渋谷、栄より1曲多い5曲を披露してくれました。自分的にはツボを衝かれた曲順でしたね。

最後の「4ever」は今年5月に急逝された相方の岡崎律子さんへのメッセージソングな訳ですが、途中から半泣で歌う彼女を見ていると、CDで聴くのとはまた違う思いが伝わってきますね。生で聴けて本当によかったです。

ここまで5曲を披露してくれたのですが、「最後だからアルバム全部やりましょう」ということで、

6.この左手は君のもの

を歌ってくれました。
アルバム全6曲コンプ
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

全6曲が終了し、軽くトークです。

1)岡崎律子さんのアルバム「For RITZ」が岡崎さんの誕生日である12月29日に発売されます。
メッセージ性の強い曲の一部にコーラスを入れたとのこと。(最初は遠慮したそうですがアレンジャーさんが「どうしても」ということで入れたそうです)
とてもいいアルバムなので「全員買え(笑」とのことです。

2)来年2月にシングルリリース決定。キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!
今週レコーディングだそうです。期待大!

最後に握手会。
着替えてmeg rock再登場。黄緑な服です。すごい似合っていましたYP!
全曲聴けてうれしかったことを話して無事終了です。
おみやげはオリジナルステッカー(心斎橋ver 上の写真、右下)です。PowerBookに貼るか。保存するか、悩みますなw
今回のライブの参観者が40名ほどですからかなり貴重品かとw

っつことで大満足で茅ヶ崎に帰りました。
ありがとう!>megrock & スタッフの方々

当blogはこれからも目黒区(メロキュア)を応援していきますよ!

投稿:by nicenature 2004 11 22 12:05 PM [音楽] | 固定リンク

広告

Trackback

この記事のTrackback URL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602/2030901

この記事へのTrackback一覧です: meg rock"プチ[家出]ツアー" in 心斎橋HMV:

» 4ever [グ・アーイヤの独り言 から]
mixiで、行けなかった日向めぐみさんのライブレポを読む。 書き込み感謝m(.. 続きを読む

受信 23-nov-04 19:54:12

コメント

こんばんは、ツアーお疲れさまでした。
岡崎律子さん、ことし急逝されましたね。あれはひどいショックでした。ささやくような唄い方がとても好きだったのですが。
ときおり聴くと思い出して哀しくなりますよ(´-`)
-ことしは好きだった人がたくさん逝ってしまわれた年でした-
ご冥福をお祈りいたします。

投稿者: sadazoo (22-nov-04 22:39:05)

岡崎さんの件は本当にショックでした。知ってしばらくの間は仕事も手につかない状態。一般のファンでこの状態ですから相方の日向嬢の受けたショックは想像を超えるものでしょう。
今年は(つか今年も)いろいろな人が亡くなりました。大好きな作家の作品や大好きな歌手の歌、大好きな画家の絵、新しい作品に出合う喜びが無くなるのは辛い事です。

投稿者: nicenature (24-nov-04 17:33:37)

コメントを書く






« 帰ります | トップページ | 東京国際自転車展 »