« ツール・ド・フランスのゲーム | トップページ | ツールとギネス »

julio 10, 2004

ツール・ド・フランス 第6ステージ

今日はスタート前に残念なニュースが来ました。
チポリーニとペタッキがリタイヤです。
二人とも落車による怪我が原因のようです。
今年のツールは落車が多過ぎ。
怪我が原因で有力選手がリタイヤするのは非常に残念です。

さて、今日も序盤から積極的に逃げを打った選手が6人出ました。差は数分。
のこり20km位から集団が差を詰め始めると逃げグループも全力で逃げ始めます。
逃げるペースが速いのか最初に二人脱落。
残り数キロで逃げグループからロングスパートをする選手が飛び出しました。
ファッサボルトロのフレチャです。
普段はペタッキの発射台の彼が生き生きと、素晴らしいスピードで単独でゴールに向かい疾走します。
その後ろに迫り来る大集団。
残り1.5kmほどの地点でフレチャは集団に吸収されます。ここまでがんばったフレチャに拍手!
そしてゴールスプリント開始!
ところが残り1kmのゲートを過ぎたところでまた集団落車が発生!
これに巻き込まれなかった選手で勝負開始。
今年調子がいいザベルが先頭にいい感じで迫りましたが先頭でゴールしたのはクイックステップの若手ボーネンでした。
ゴールする瞬間の彼のすっごい嬉しそうな顔が忘れられません(^_^
初のツール・ステージ優勝おめでとう!

最後の落車でマキュワンとシモーニが怪我をしています。二人とも痛そう...。心配です。

今日の農協チーム:
ハスホフトが総合106位(15分3秒差)、モローが総合108位(15分33秒差)
ポイント賞ではハスホフトが88ptsで7位(トップと27pts差)

投稿:by nicenature 2004 07 10 01:59 PM [スポーツ, 自転車] | 固定リンク

広告

Trackback

この記事のTrackback URL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602/939305

この記事へのTrackback一覧です: ツール・ド・フランス 第6ステージ:

» 第六ステージ・ラスト1キロで… [ごたまぜの引き出し から]
ツール・ド・フランス第6ステージ、ボンヌヴァル~アンジェ間の 196km平坦なコース。今日も最後まで息をつかせぬすごい展開で、本当なら"あ~面白かった"となる所... 続きを読む

受信 10-jul-04 14:38:31

コメント

コメントを書く






« ツール・ド・フランスのゲーム | トップページ | ツールとギネス »